未分類

「夕日のガンマン」(マカロニウエスタン)の見どころ紹介と無料で観る方法について

 

「夕日のガンマン」

について見どころなどをまとめます。

 

 

1965年製作

イタリア映画

配給:UA

 




解説

 

原題名は 「Per qualche dollaro in più」(イタリア語)

            「For a Few Dollars More 」(英語)

 

日本語にすると「もう数ドルのために」でよく意味のわからないタイトルです!

 

この作品はセルジオ・レオーネ監督とクリント・イーストウッドの

コンビによる『ドル箱三部作』の第2作目にあたります。

 

日本とアメリカでは1967年に公開されました。

 

荒野の用心棒」のイタリアでの大ヒットで

実力を認められたレオーネ監督が、前作を大幅に上回る

予算を与えられて製作した作品です。

 

テーマソングはエンニオ・モリコーネ作曲の

「さすらいの口笛」ですが、この曲もとても有名です。

 

日本のTVで最初に本作が放映された時の声優が、

クリント・イーストウッド・・・山田康雄

リー・ヴァン・クリーフ・・・納谷悟朗

ジャン・マリア・ヴォロンテ・・・小林清志

ルイジ・ピスティッリ・・・大塚周夫

でした。

 

この4人の声優の組み合わせが分かりますか?

 

名作アニメ『ルパン三世』のファーストシーズンの声優なんです。

 

ルパン三世・・・山田康夫

次元大介・・・小林清志

石川五右衛門・・・大塚周夫

銭形警部・・・納谷悟朗

面白いですね!

 

作品の内容(あらすじ)

 

賞金稼ぎのダグラス・モーティマー大佐は

1000ドルの賞金首を仕留めるが、保安官事務所で1万ドルの

賞金が賭けられたインディオ一味が近くにいる事を小耳にはさんだ。

 

ちょうど、2000ドルの賞金首を仕留めた

賞金稼ぎのモンコ(名無しの男)もインディオ一味を狙っていて、

モーティマーはモンコと組んで一味の賞金を山分けにする事にした。

 

 

モーティマーはインディオの情報を得るため、

モンコを一味に潜入させようとした。

 

モンコは刑務所から一味の仲間を脱獄させた恩を売って一味に加わる。

 

 

インディオは保安官をまくために、モンコたちに別の銀行を

襲撃するように命令するが、モンコは途中で彼の手下を殺し、

保安官たちにエルパソ銀行が襲撃される事を知らせる。

 

しかし、保安官たちが到着する前にインディオは銀行の金庫を奪って

逃走していた。

 

 

作戦が失敗した事で、モンコはモーティマーと

手を切ろうとするが、モーティマーはモンコを説得して、

インディオを誘い込んで挟み撃ちにしようと持ちかける。

 

モンコはモーティマーを出し抜くため、インディオを違う場所に

誘い込もうとするが、警戒心の強いインディオは別の方角に逃亡した。

 

しかし、そこには2人の考えを見抜いたモーティマーがいたのだった。

 

モンコとモーティマーは一味から金を奪い取ろうとするが、

正体がバレて捕まり隣地を受ける。

 

そして、インディオは2人を殺して銀行強盗犯に仕立て上げようとするが、

その夜に彼の命を受けたニーニョによって2人は脱走した。

 

インディオは手下たちに2人を追わせて金を独り占め

しようとするが、グロッギーに見抜かれてしまい、ニーニョは

殺されてしまう。

 

2人を追跡した手下たちは全員返り討ちにあい、

インディオはモーティマーから勝負を挑まれる。

 

実はモーティマーの妹夫婦はインディオに殺されており、

彼は復讐のためにインディオを追っていたのだった。

 

 

インディオは不意を突いてモーティマーを殺そうとするが

モンコに阻止され、一騎打ちの末にモーティマーに射殺される。

 

復讐を果たしたモーティマーは、

一味の賞金をモンコに全て譲り、その場を立ち去った。

 

モンコは生き残っていたグロッギーを射殺して、

インディオ一味の死体を乗せた荷馬車とともに去っていった。

 

 




キャスト

 

名無しの男・モンコ:クリント・イーストウッド

ダグラス・モーティマー大佐:リー・ヴァン・クリーフ

インディオ:ジャン・マリア・ヴォロンテ

グロッギー:ルイジ・ピスティッリ

 

作品の感想

 

まず、主演のクリント・イーストウッドが相変わらず

格好良いですね。

 

葉巻を加えて歩くスタイルには、昔、憧れました。

 

また、

助演のリー・ヴァン・クリーフの渋さが光ってます。

 

リー・ヴァン・クリーフも大好きな俳優で、若い頃は、

悪の手下役ばかりでしたが、この作品では主役に近い存在で出演していて

嬉しい限りです。

 

また、リーヴァン・クリーフは悪役が多いのですが、

本作では珍しく悪役ではありません。

 

作品そのものは、悪役のバカさ加減が目立って

イマイチという所ですかね・・・

 

いくら何でも、あそこまでバカな奴はいないと思います。

 

「荒野の用心棒」よりも面白いですが、

もう少しストーリーを何とかして欲しかったと思います。

 

個人的には

『ドル箱三部作』では、3番目の作品となっている

「続・夕日のガンマン」が1番ですね!

 

評価 ★★★★☆ (4/5)

 

「夕日のガンマン」は

下から無料で観ることができますのでどうぞ!