未分類

映画「アパッチ砦」解説と内容、見どころの紹介、無料で観る方法

 

「アパッチ砦」について

内容や見どころなどについてまとめます。

 

 

1948年製作 アメリカ映画

配給:セントラル

 




解説

 

原題名は「Fort Apache」

邦題は直訳ですね。

 

ジェームズ・ワーナー・ベラの原作をもとに製作された、

ジョン・フォード監督の作品の中で知られている『騎兵隊3部作』

第1作目の作品です。

 

カスター中佐率いる第七騎兵隊の全滅(リトルビッグホーンの戦い)を

モデルにしていて、後年の3部作の2作『黄色いリボン』

『リオ・グランデの砦』と比較すると、若干毛色の違う作品でもあります。

 

功を焦る現場の実情を知らない司令官の無謀な作戦によって、

軍隊が壊滅していくという筋書きは、後の黒澤明監督の『影武者』など、

後年の作品に大きな影響を及ぼしました。

 

ジョン・フォード監督とジョン・ウェイン、

ジョン・フォード監督とヘンリー・フォンダ、

それぞれの組み合わせはいくつか作品がありますが、

この3人が一緒になりジョン・ウェインと

ヘンリー・フォンダが共演しているという点でも見応えがあります。

 

ヘンリー・フォンダがバカな司令官で、

ジョン・ウェインがたたき上げの士官という設定で

2人のぶつかり合いが見物です。

 

作品の内容(あらすじ)

 

アリゾナのアパッチ砦に新司令官サーズディ中佐が

娘のフィラデルフィアを連れて赴任してきた。

 

気位が高く、軍律に厳しい中佐は、アパッチ砦で戦果を挙げて

第一線に返り咲こうとしていた。

 

しかし、そこには、現場の情勢を熟知している古参のヨーク大尉や、

後方部隊への配属を心待ちにしているコリングウッド大尉などがいた。

 

 

そして早く将軍に戻りたいが故に手柄を立てようと、

隊員たちに厳しい戦闘訓練を課したり、ヨーク大尉や

コリングウッド大尉などと意見を衝突させていた。

 

一方、アパッチ砦にいる古参のオローク軍曹の息子の

マイケル・オローク中尉は若く凛々しかったので、

いつしかフィラデルフィアと愛し合うようになっていた。

 

そして、先任大尉のヨークはネイティブ・アメリカンに対して

敬意を払い、共存する立場をとっていて、2人は意見の違いから

対立しがちであった。

 

あるとき、見張りの兵隊が惨殺され事をきっかけに、騎兵隊は

保護区から抜け出したアパッチ族の討伐に乗り出す。

 

 

ヨーク大尉に比べ、サーズディ中佐はアパッチ族を軽く見ていて、

隊員達も不安を抱く中、作戦を決行された。

 

その時、サーズディ中佐に逆らったヨーク大尉は

後方の支援部隊に回されて、戦闘に参加できなくなってしまう。

 

その後、サーズディ中佐率いる部隊は全滅してしまうのであった。

 

 




キャスト

 

監督:ジョン・フォード

ヨーク大尉:ジョン・ウェイン

サーズデイ中佐:ヘンリー・フォンダ

フィラデルフィア:シャーリー・テンプル

 

作品の感想

 

ジョン・ウェインとヘンリー・フォンダの共演は

珍しく、それだけでも観る価値はあります。

 

ジョン・ウェインとジョン・フォード監督は名コンビで

数々の西部劇を作っていますし、

ヘンリー・フォンダとジョン・フォード監督の

コンビから、あの不朽の名作「荒野の決闘」が作られています。

 

そういう観点から、この3人の集結があったのでしょうね。

 

ヘンリー・フォンダ演ずる、無能で権威主義の司令官が、

無謀な戦いを挑み、負けていくという話ですが、

冒頭の退屈さとは反対に、物語が進むにつれて、登場人物の

個性が際立ち、軍隊と先住民とのデリケートな関係なども描かれてきます。

 

先住民が悪い騎兵隊が良いなどという単純な話ではありません。

 

物語も素晴らしいのですが、この作品では、

なによりも圧倒的な映像の力強さに驚嘆します。

 

黒澤明が、ジョン・フォードのファンだったという話は

有名ですが、この映像の力強さはまさしく黒澤明に

影響を与えたのであろうという感じです。

 

騎兵隊とアパッチ族の戦闘シーンはとにかく迫力満点です。

 

この時代ですから特撮などの技術はありません。

 

よく、これだけの戦闘シーンが撮影できたものだと

感心させられてしまいます。

 

バカな指揮官に引きずられて騎兵隊が全滅するのですが、

アパッチ族に感情移入してしまい、

騎兵隊員が次から次へと倒されて行くシーンは

「ざまあ見ろ」と思いました。

 

また、エンディングではサーズディ中佐を讃えているのですが、

騎兵隊を全滅させた戦犯ではないのかと納得できませんでした。

 

他に難を言えば、ストーリー展開が遅すぎます。

 

ダンスのシーンや砦での家族の団らんシーンが多すぎて

ウンザリしました。

 

あと、コミカルなシーンが多いのですが作品の全体を

通して見た時に、コミカルにする必要はないと思うのです。

 

でもこの作品は、西部劇ファンなら観るべき作品です。

 

評価 ★★★★ (4/5)

 

「アパッチ砦」は下から

無料で視聴できますのでどうぞ!