未分類

映画「ワーロック」解説と内容、見どころなどを紹介します

 

「ワーロック」

について見どころなどをまとめます。

 

 

1959年製作 アメリカ映画

配給:20世紀フォックス

 




解説

 

原題名は「Warlock」

邦題はそのままです。

 

1958年のピューリッツァー賞で、最終選考まで残った、

オークレイ・ホールの小説「Warlock」を映画化しました。

 

社会派監督として評価を得ていたものの、

赤狩りの矢面に立たされ、イギリスに逃れていた

エドワード・ドミトリクの、ハリウッド復帰後の作品です。

 

正統派西部劇ではあるのですが、悪に対する考え方や、

阻害される人間の苦しみなどを盛り込んだ異色の作品に

仕上がっています。

 

また、リチャード・ウィドマーク、ヘンリー・フォンダ、

アンソニー・クインの3大スターが共演していますが、

リチャード・ウィドマークが主演の西部劇は珍しいと思います。

 

作品の内容

 

1881年。

 

ユタ州の田舎町ワーロックでは、サンパブロ牧場のならず者

エイブ・マキューン一味が、町を牛耳ろうと無法の限りを

尽くしていた。

 

しかし、一味の中で、ジョニー・ギャノンだけは、そんな

マキューンのやり方に嫌気がさしていた。

 

そんな中、ワーロック町民は、名のあるガンマンの

クレイ・ブレイスデールを保安官として雇うのだった。

 

けれども、

ブレイスデールには、悪評高いトム・モーガンがいつも付き添い、

町民はそれを心配していたのだが、彼らの登場でマキューンの暴挙は

一旦は収まる。

 

 

その後、マキューンの行動に嫌気がさしていた一味の

ギャノンは、町に残り郡保安官補になる。

 

 

ギャノンは、高圧的な手法で敵を押さえつけるブレイスデールの

考えと対立し、町自身が立ち上がる方法を模索する。

 

やがて、ブレイスデールに恨みを持つリリーが町に現われ、

誠実なギャノンの男らしさに惹かれる。

 

町の女性ジェシーは、人を寄せ付けない雰囲気はあるが、

紳士的なブレイスデールに心を寄せ、やがて2人は結婚を決意する。

 

しかし、モーガンは、ジェシーとの結婚を決意したブレイスデールが、

自分を見捨てるのではないかと考え始め、精神的に不安定になっていく。

 

やがて、ギャノン、ブレイスデール、モーガンの3人の感情が

複雑に絡み合い、さらに、マキューン一味との戦いが絡んでくるのだった。

 




キャスト

 

ジョニー・ギャノン:リチャード・ウィドマーク

クレイ・ブレイズデール :ヘンリー・フォンダ

トム・モーガン:アンソニー・クイン

リリー・ダラー:ドロシー・マローン

 

作品の感想

 

男のロマンや正義感、それに絡む女心、さらには、

身勝手な町民の心理などの描写も興味深い作品になっています。

 

雇われ保安官ヘンリー・フォンダが、正義感ではなく

ビジネスで物事を考える人間で、

逆に悪党一味だったリチャード・ウィドマークがが、

町民の自立心を甦らせていく展開が良いですね。

 

また、頑強な用心棒的存在アンソニー・クインが、

阻害される自分を哀れんだりして、様々な人間模様もが

見事に描かれています。

 

どちらかと言えば、悪役の方が似合うリチャード・ウィドマークが

演じた正義の味方が良かったですし、

優雅でスマートなヘンリー・フォンダの、背筋を伸ばし大股で歩く

姿には惚れ惚れします。

 

加えて、アンソニー・クインの嫉妬に満ちた男の演技が良かったです。

 

銃撃のない、クライマックスの決闘シーンもたまらなく良く、

西部劇の大ファンとしても納得するエンディングです。

 

こんな終わり方もあるのだなと、何回も繰り返し見直した

こともあるラストシーンは見事な演出です。

 

評価 ★★★★★ (5/5)

 

あなたも、是非、観て下さいね!