未分類

映画「プロフェッショナル」解説と内容、及び感想や見どころを紹介します!

 

「プロフェッショナル」

について見どころなどをまとめます。

 

プロフェッショナル

 

1966年製作  アメリカ映画

上映時間:117分

配給:コロムビア

 




解説

 

原題名は「The Professionals 」

邦題はそのままです。

 

テキサス油田の持ち主グラントは、妻マリアを革命派のリーダーに

誘拐されて、多額の身代金を要求されます。

 

そのため、グラントは妻を奪い返すため、戦いのエキスパートを

雇って妻を奪回する計画を立てるのです。

 

そして、集まったのはリーダーで射撃の名手のリコ、馬の専門家ハンス、

追跡と狩猟を得意としナイフと弓矢の扱いに長けたジェイク、

そしてダイナマイトのスペシャリストのビルの4人だった。

 

時代背景は第一次世界大戦後であるし、舞台もメキシコですので、

正確には「西部劇」ではありません。

 

しかし、西部劇的要素がふんだんに入っていて、

西部劇として捉える事ができる作品です。

 

作品の内容(あらすじ)

 

1017年、メキシコ革命の時代。

 

数百名の革命派くずれの無法者たちが、山賊となって国境付近で

暴れまわっていた。

 

その頃テキサス油田の持ち主グラントの妻マリアが彼らに誘拐され、

身代金10万ドルを要求されていた。

 

山賊の首領は革命派の元軍人のジーザス・ラザであった。

 

金貨で10万ドルの身代金を要求されるも、グラントは

妻を取り戻すために各方面から『プロフェッショナル』たちを呼び寄せる。

 

銃火器の専門家でスペイン語に堪能なリコ、馬を扱うハンス、

追跡と弓矢を得意とするジェイクの3人が集められ、

それぞれ1万ドルの報償が約束され前金として1000ドルが渡される。

 

リコは「チームにはダイナマイトに長けた男が必要だ」と言い、

かつてメキシコ革命で共に戦ったビルを牢屋から出す。

 

そして4人は岩山と砂漠が広がる長い旅に出発した。

 

途中何度か山賊に襲われ、各自の特技をいかして切り抜けた。

 

メキシコ鉄道を見下ろす丘の上で4人は周囲を偵察してた時に、

政府軍に守られた機関車が来て、さらに、その列車を襲うために

首領ラザを先頭に数十人の山賊が現れた。

 

列車はおさえられ乗員は全員射殺された。

 

次の夜、4人は攻撃を始めた。

 

ダイナマイトを仕かけ、マリア救出におもむいたのだが、

なんとラザとマリアは恋人同士だった。

 

無理やりマリアを連れ出し、敵の本拠を爆破した。

 

4人のプロフェッショナルとマリア、一行5人の脱出が始まった。

 

プロフェッショナル

 

逃亡の道中、マリアの話では、マリアはもともとメキシコの女で、

グラントが土地を奪ったのだと言う。

 

そして、マリアとラザは昔から恋人同士だったとも。

 

そんな5人を、ラザ一味が追ってくる。

 

プロフェッショナル

 

戦闘が続き、敵の生存者はラザだけとなった。

 

グラントは傷ついたラザを殺そうとするが、それをリコが止め、

さらにグラントのきたないやり方に4人は怒った。

 

賞金は受け取らず、4人のプロフェッショナルたちは

マリアとラザをメキシコに帰してやるのだった。

 




キャスト

 

ビル・ドルワース(ダイナマイトの名人)

バート・ランカスター

 

リコ・ファーダン(銃火器専門・4人組のリーダー)

リー・マーヴィン

 

ハンス・エーレンガード(馬の専門家)

ロバート・ライアン

 

ジェイク・シャープ(追跡と弓矢を得意とする)

ウディ・ストロード

 

ジーザス・ラザ(元軍人・ビルとリコと古い友人同士)

ジャック・パランス

 

ジョー・グラント(テキサス油田の富豪演)

ラルフ・ベラミー

 

マリア・グラント(グラントの妻、ラザの恋人)

クラウディア・カルディナーレ

 

感想

 

時代的には、第一次世界大戦中の物語ですから

西部劇の時代ではなく、西部劇とは言いにくいのですが、

そこは多めに見て西部劇として考えて良いと思います。

 

ストーリーはとても面白いです。

 

リー・マービン、バート・ランカスター、

ウディ・ストロードの3人がとにかく格好良いですね。

 

また、ロバート・ライアンとジャック・パランスの演技が渋いです。

 

ちなみに、ジャック・パランスは西部劇の名作「シェーン」で

シェーンと対決する凄腕ガンマン・ウィルソン役がハマっています。

 

この5人のそれぞれが、とても良いですね。

 

また、クラウディア・カルディナーレが色っぽいです。

 

数ある西部劇の中でも大好きな作品の1つです。

 

評価 ★★★★★ (5/5 満点)