未分類

映画「決断の3時10分」解説と内容・見どころや感想などのまとめ

 

「決断の3時10分」についてまとめます。

 

決断の3時10分

 

1957年製作 アメリカ映画

配給:コロムビア

 




解説

 

原題名は「3:10 to Yuma」ですが、

ユマ行きの列車が3時10分発という意味ですね。

 

逮捕された強盗一味のボスを汽車で護送する事になった男が、

その発車時刻までの間に繰り広げる一味との激しい攻防と

駆け引きを緊迫感のあるタッチで描いた西部劇です。

 

出演はグレン・フォードヴァン・ヘフリンです。

 

2007年にラッセル・クロウクリスチャン・ベールの出演で

「3時10分、決断の時」としてリメイクされていますが、

こちらの原題名は同じく「3:10 to Yuma」となっています。

 

リメイク版の方は、西部劇としては近年稀に見る

ヒット作品となりました。

 




作品の内容(あらすじ)

 

広々としたアリゾナ荒原を行く駅馬車が今日も襲われた。

 

襲ったのはウェード(グレン・フォード)一味だ。

 

彼らは家畜の群を使って駅馬車を止め兇行を働くのが常だった。

 

折しもこの光景を目撃したのは貧乏牧場主のダン(ヴィン・ヘフリン)

であった。

 

しかもかの家畜が兇行に使われていたのだ。

 

だがダンは見て見ぬふりを決め込む。

 

そして、ダンの一家にはもっと切実な問題が控えていた。

 

干ばつのため大事な家畜が死に瀕しているのだ。

 

ウェード一味はビスビイに到着して、

ウェードは酒場の女エミイに一目でひかれた。

 

そのころ保安官はダンと出会い、

ウェードが駅馬車強盗の首領であることを知った。

 

保安官は、まずダンを町にやってウェードに、

家畜の牛を蹴散らされて集めるのに苦労したからと金を

せびらせた。

 

そして、そのすきに難なくウェードを逮捕した。

 

しかし、牢獄のあるユマまでウェードを護送するには、

彼の子分たちの眼を逃れなければならない。

 

そこで保安官の代りにダンともう1人が護送の役目を買って出た。

 

ウェードを護送すると200ドルもらえるからだ。

 

2人はまずウェードを町まで連行、ホテルの1室に監禁した。

 

決断の3時10分

 

この町の停車場からユマ行の汽車が出るのは3時10分、

発車までまだ2時間もあった。

 

イライラするダン。

 

しかもその間にウェードの子分プリンスが仲間を集めて

ダンの前に現れた。

 

ダンは襲ったらウェードの命はないと一味に警告した。

 

ウェードはまた逃がしてくれたら1万ドルやろうと言う。

 

さらに、妻がここへ訪ねてきて、危険なこの仕事から

手を引いてくれと哀願する。

 

さすがのダンもこれには動揺した。

 

しかし、一緒にウェードを護送してきた仲間が

プリンスに殺されるとダンの心は決まった。

 

ダンはウェードの背に銃を当てて、遂に汽車に

乗せることに成功した。

 

決断の3時10分

 

ユマへの列車が速度を増すころ大粒の雨が降り出した。

 

ダンの顔に喜びの笑みが浮んだ。

 

作品の感想

 

男同士の心理的駆け引きに主眼を置いた異色の西部劇です。

 

干ばつにより経済的に困窮している牧場主に対して、

首領は自身の解放の見返りに多額の報酬を約束する

という甘い話を持ち掛けます。

 

正義と欲望の狭間で牧場主の心が揺れ動く中、

列車の発車する3時10分まで刻一刻と時間が過ぎていく。

 

主人公の心の揺れがヒリヒリとした緊張感の中に

描かれていて、加えて、首領を奪還すべく迫りくる

手下達の動向が彼の不安と焦りを助長していきます。

 

見応えのある作品だと思います。

 

ただ、リメイク版の「3時10分、決断の時」の方が

話がスッキリしているような気がします。

 

評価   ★★★☆☆   (3/5)